So-net無料ブログ作成

完璧主義は行動できない [仕事]



「毎日、頑張っているのに結果を出せない」
と感じることがある。

日々努力しても上手くいかず、挫折してしまう。

そんなことを感じる人が少なくともいると思う。


なぜ結果を出せないのか?


何故なんだろう?


結果を出すためには
日々の努力と継続は成功に必要なことですが、

結果を出すことができない理由は
こんなことが理由だったりする。


・自分にあっていない事をしている

・完璧主義


もし、結果を出ないのであれば、

このどちらかの可能性がある。

どうでしょうか?

違いますか?


自分にあっていない事をしている人は、

「とりあえず、

やれといわれているから

周囲の人がやっているから

やってみよう。」

と作業をしている事がある。



しかし、本当に成功している人と同じ事が
同じようにできるはずがない。


取り組んでいる作業が自分にあっていなければ

苦痛を生み、継続させる事は本当に難しい。


自分から考えて行動すると
作業効率も上がるし、
結果が出やすくなります。
なによりも楽しいから自発的に
どんどんと行動するようになる。


また、完璧主義者は、本当に損する。

今の自分がそうです。

目の前にある作業を黙々と行い、
早く結果を出そうしますが、
壁にぶつかったり、問題が発生すると
その問題が解決するまで前に進めず、
作業が中断してしまいます。

なにより完璧を求めるが故に

なかなか始められない。行動できない。


しかし結果を出す人「成功者」は

とりあえず始めたり、

1つのことにこだわっていなかったり、

壁にぶつかって、止まってしまうのであれば、

ある程度のところで区切りをつけ

他の事に取り組んだりします。


ビジネスに正解はなく、完璧はない。

自分の理想を追い求めるのは
良いこととは思いますが、

柔軟な考えを持って、
行動することの方が大切な場合があります。

頑張って行動しているのに結果が出ないと思う場合、
客観的に自分の仕事を見つめなおす必要があるかもしれません。

最近、働いていて思うこと [仕事]


自分の職場の話題も昔は良かっただの良い就職先ない?

の2つがよく話題になる。

昔は良かったといわれてもはっきり言って知らない。

幹部はボーナスで200万円貰っていて、

役職なしでも50万円は貰っていたらしい。

それが夏と冬にありしかも業績が良ければ春にも貰えたらしい。

そのことを懐かしんでいる話題がかなり多い。

しかし今後そのようなことは2度とない。


生産拠点は外国に移り、国内もそんなに需要があるわけでない。

売れない状態だ。そして海外向けも現地で生産した方が効率が良い。

日本に生産拠点が来るときは日本円が弱くなり、海外企業に買収され、

日本の人口が減り移民を受け入れるようになる時だと思う。

はっきり言って絶望的な状況だと思っている。

そして日本全体が昔は良かったなーと言っている状態。

今現在もその状況に向かって進んでいると思っている。

日本は安くなってきていると思っている。

世界の家計の富は8%増えているが日本は2%だけである。

明らかに鈍化している。

これは日本人全体が昔は良かったなーと

今すべき努力を何もしていないからだと思う。

恐らくうちの工場だけでないはずと思う。

このまま現状維持で退職というベテランが多すぎる。

そして私と同年齢の人たちも原因はある。

確か私が就職する頃は安定志向がすごく強く、

公務員が人気が高かった。

過去を振り返っても考えられない傾向だった。

公務員の安定性と実際の給料額に普通に就職するのと変わらない。

むしろ公務員のほうが給料額が高い分かり始めたころだった。


やはり安定志向は組織をダメにすると感じる。

何もしなくなる。

危機感があればあれこれ情報を集め始める。

そして行動し始める。


高度経済成長の時は5万円の給料が毎年1万円づつ上がっていく。

それは努力、頑張れるはずだ。


とにかく今の場所で自分なりの最大限の努力をしなければいけないと思った。



今の職場が危ない [仕事]


最近、やたら内の会社が工場閉鎖するんじゃないか?

と思わせる話題が上がっている。



主力商品の来月出荷数0という噂話。

確かに倉庫に在庫だけは溜まっている。

とりあえず先を見越して生産を先行させている

商品が多くなってきた。

機械も半分以上は止まっている。


事実、前期に休日を増やして後期に振替出勤する

ということも検討されている。

外注の引き上げも検討さている。

そうとう危ない水準まで来ているようだ。

まだ半年しか働いていない。

35歳になってやっと決まった会社が

すぐに傾くとは思ってもみなかった。

やはり見切りを付けるべきと思い、

来週月曜日に入社面接を受ける。

今度受ける会社はホームページを見る限り

しっかりとしている。

今の会社とは違うのはわかる。

早く内定を貰って今の会社から脱出するべきと考えている。

いままで人生をなめていたツケが回ってきているともの凄く感じている。









仕事のミス [仕事]


先週末、仕事でミスをした。

単純なミスだ。

機械で成形する製品の変化に気づけなかった。

気づいていたが問題無いと判断してそのままにしていた。

それが原因だった。


先輩のこの製品は簡単だからという一言から任されたものだった。

その簡単という一言、会社全体の体質から仕事を甘く見すぎていた。

自分が情けなかった。

やはり先輩と私では経験値が違う。

抑えるべきポイントを抑えてなかった。

やはり経験からくる勘なのだろうか?

今時、勘に頼るのもどうかと思うが。

それは言い訳だ。

やはり私と他人は違う。

検査の仕方、注意するポイントの見方。

すべてが違うはずだ。

これからは簡単といわれても、

それはあなたにとってでしょ?

と言い聞かせていきたい。


そして時間をかけてしっかりとしていきたいと思っている。


まだまだ先は長い [仕事]

ブログを毎日、何とか続けていこうと思っています。

なので今は暗い内容になると思う。

セルフイメージ、自己肯定感が低いのは自覚している。


すぐ謝る。

「すいません」という言葉をよく使う。

いつの間にかそのようになっていた。

非正規従業員だった私は正規従業員の人に引け目を感じていた。

年下で職歴が短くても上司と思うからだ。

立場上、仕方ないと思いつつ、

どんどん自分が卑屈になるのがわかった。

このままではダメだと思い、

正社員を目指し、転職先を探した。

十数社履歴書を送り、面接までたどり着いたのは5社。

そして昨年の9月から正社員として働き始めた。



34歳という年齢的にも無理なのかな?

と思っていたが、決まった時は嬉しかった。


しかし決まった会社は酷かった。

倉庫には忘れ去られた大型設備があり、

過去に生産された製品が倉庫の奥底で忘れられて眠っている。


それでも非正規従業員時代より給料が5万円上がるのは良かった。

それが唯一の救いだ。


それをモチベーションに真面目にしっかりと働いていこうと思っている。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。